ワインをこよなく愛するコレペティが、ハンガリーより自由気ままにお送りします。


by parinka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

猫は雷を感知するか

ストライキ六日目
空はどんより。一日中夜みたいだし、交通機関はストップだし、
外に出るのは諦めて、テレビを見ています(*^_^*)

で今、『動物の特別な能力ベストテン』というのを見ているのですが、
その中に、『猫は雷を感知する』が5位に入っていました。
(ネコ派には、捨ておけない情報です↑)
調査の結果、部分的に正しい事実だそうですが、
その調査の中で、『招き猫』が出てきていました。

その昔。
とある藩主が一本の木の本で雨宿りをしていた。
ふと見ると、寺の近くにいた猫が、手招きをしている。
不思議に思ってよっていったところ、その木に雷が落ち、
藩主は命拾いし、それ以来招き猫は、幸福の象徴になった。


というものです。
ここで、彼らは、猫がペット類の中で一番静電気に敏感なことを調べ、
雷が近づくと、猫の毛にも静電気が増え、余計に毛づくろいをはじめることを実証。
その結果、前の手の毛づくろいも増え、

雷を感知した猫に導かれて、藩主は雷を逃れたのだろう。と結論。


・・・招き猫も、こんな離れた地でこんな形の科学実験に登場しているとは
思わなかったことでしょう(^^ゞ

とてもおもしろかったのですが、よく考えたら、
ちゃんと招き猫の由来を知らなかったので、検索してみました。
由来に関しては、諸説があるそうですが、
一番有名なのが豪徳寺の招き猫、それに基づく一番有名な説は、
同じ藩主井伊直孝でも、上記のものではないもうひとつの説。

あるとき井伊直孝一行は、鷹狩りからの帰り、
豪徳寺のそばで、和尚の飼い猫が手招きするような仕草をしているので、
寺に立ち寄る。和尚は、そこで彼らにお説法をしていると、
嵐になり、一行は、嵐も避けられたうえに、とても有難いお説法を聞けた、
と、後になって豪徳寺に寄付をした。


というもの。

いずれにしても、ネコが幸福を呼ぶのは間違いなさそうですね(*^_^*)
( ↑ 無条件でネコ派♪)



追記;同じ番組の中で、動物ではないのですが、中国の一番歴史のある
   フォーチュンクッキーが、あるとき、相当数のロットーを当てたことがある、
   という事実が放送されました・・・・

   ・・・・私も買わないと、フォーチュンクッキー・・・・・
[PR]
by parinka | 2010-01-17 23:31 | 生活