ワインをこよなく愛するコレペティが、ハンガリーより自由気ままにお送りします。


by parinka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

お墓参り

日本では振り替え休日というのがありましたね。
ハンガリーでは、振り替え稼働日があります。
連休などの真ん中に平日があるとき、他の日に振り替えて働くのです。
それ自体は、あまり不思議なことではないのですが、
時々不思議なのは、ずいぶんと離れた日程で振り替えが組まれることです。
今年は、12月21日、22日をお休みにするべく、
10月9日11月13日の土曜日が稼働日でした。

さて、ここでさすがはハンガリー。
振り替えるからといって、まるまる時間割が振り替えられるわけではありません。
なんか、イベントが企画されたりして、イベント・デーになるのです。

10月9日は、学校の名前にちなんで、
Weiner Leo(作曲家、室内楽教師・ワイナー・レオ)のお墓参りに
学校を挙げていってきました。

場所は、Fiumei temető(フィウメイ墓地)
東駅の近くにあり、眠っている方々の名前を考えると
中央墓地、といっても過言ではないと思います。

もちろん、雨が降ったら欠勤してしまおう、と思ったら
とてもよいお天気でした♪

なんと、ツアー・ガイドも付いて、さあ、出発♪
f0029365_6512921.jpg
大人数で、お墓参りな様子がわかりますか?(^^♪(生徒たちも必修)
まずは、正面に見えるはKossuth Lajos(コシュート・ラヨシュ)のお墓。
f0029365_6515495.jpg
さらに歩いていくと、Deák Ferenc(デアーク・フェレンツ)のお墓
・・・・さすがに、駅名にもお金にもなっている有名人。規模が違います・・・・
f0029365_6523084.jpg
そして、しばらくいくと、Erkel Ferenc(エルケル・フェレンツ)の墓標。
ここでは、みんなで国家を斉唱しました。
f0029365_6525025.jpg
それぞれの区画間には、素敵な並木道。
初秋の感じがたまらなくいいです♪
f0029365_653837.jpg
そして、程なくWeinerのお墓に到着。
花輪を献花し、ろうそくを燈します。
f0029365_6562257.jpg
そして、音楽史の先生が、Weinerについてのエピソードをお話してくださり、
金管五重奏によるWeinerの曲の演奏。
f0029365_6532779.jpg
青空に響き渡る音楽・・・・なんか、心が清まりました。
この後は、自由解散。帰ってもいいし、見学してもいいし。
f0029365_653541.jpg
私は同僚と、違う道を帰ることにしました。
f0029365_6541883.jpg
有名人ばかりが眠るこの場所。
芸術家の区画があり、もう、私では分からないような芸術家が多く眠ってらっしゃいます。
f0029365_6544794.jpg
最後は、また、駅名からの有名人Braha Lujza(ブラハ・ルイザ)のお墓。
f0029365_6561072.jpg
そういえば、ウィーンなんかでは、普通に観光でお墓参りにいったなあ、
Brahms先生とか、Beethoven先生とか・・・・
それを思うと、14年目にして初めて行ったけど、お勧めのスポットです♪


・・・あ、でもくれぐれも、天気のよい、昼間がいいですよ(^^♪
[PR]
by parinka | 2010-11-10 06:37 | 旅行