ワインをこよなく愛するコレペティが、ハンガリーより自由気ままにお送りします。


by parinka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:演劇( 9 )

Premier

無事に、Premierを終えてきましたよ(^o^)

いや~~、直前になっても、忘れてしまう台詞があって、
あせったけれど、何事もなく、会場も笑いに包まれて
(コメディーだったので)
いや~~良かった良かった♪

Nóti Károlyと言う人の台本によるショートコメディから5作品。
コメディー作家としては有名なようです。
登場人物は、4人きり。でも、若手による新演出で更に面白く仕上がったようです。
専門家のもっぱらの批評は、

『短い』

1時間10分のプログラムだったので、とても短い、と感じた人が多かったそうです。
ということで、もう一作長めの作品を足して、ロングランを目指すそうですよ。


・・・でも、毎日稽古しているのに、全然飽きず、むしろ面白く見れる。
何回見ても面白いなあ、と思うものは良いですよね♪

次の公演は10月22日16時から Újpest szinházにて。
入場料は1000Ftです。
ハンガリー語の分かる方には、是非一度見ていただきたい作品です(^^♪


f0029365_2564623.jpg
~この場面では台詞はなかったのですが、私が登場しただけで笑いが取れたとのこと。
やはり、アジア人が舞台に出てきて、ハンガリー語喋ったら面白いんでしょうね、日常にない感じで。(笑)
[PR]
by parinka | 2006-10-02 02:59 | 演劇

稽古開始

リストコンペティションはゆっくり進み、今日が最終日です。
5日間もかけて聴くのですが、3人ずつなので、空き時間が多い・・・・
審査員の先生方も、段々何して良いかわからずうろうろしたりして(笑)

さて。
その中でも、音楽家以外には、別の生活があるもので、
台詞も喋る予定のある、演劇の稽古が始まりました。
そして・・・

なんと、しょっぱなから、私のからみの所から、と言われ、
早速、台本の読み合わせもなく、立ち稽古・・・・

・・・台詞覚えてない・・・・(*_*)

簡単だから、と強行され、覚えるために、と何度も繰り返し、
・・・大変だ・・・・(>_<)

本当に、音楽のお仕事だけで良いです・・・・(^^ゞ

まあ、せっかく縁のあった話しだし、Premierまでは頑張りますよ♪

f0029365_19155527.jpg

舞台はこんな感じです。

f0029365_1916863.jpg
150人くらいの小さい劇場です♪

Premierは今月末。30日です。
頑張るぞ~(^o^)
[PR]
by parinka | 2006-09-08 19:22 | 演劇

また洪水? ~公演延期

・・・しばらくブダペストにいなかったので、状況が分からないのですが、
昨日、ふと電車からドナウを眺めると、

・・・・また、異常に高い・・・・

階段二段分くらいで、また下の道が埋まりそうです・・・
そして昨日は風も強かったので、階段際は波打っちゃって、しぶきを上げている・・・
いつの間に、こんなに水かさ上がっちゃったんだろう??

・・・と思っていたら、雨の影響のようですね。
雨の影響は、Szentendreにもでていて、なんと今度公演が行われる筈だったCafe、
大雨のせいで、何本か排水管がやられて、水浸しになってしまったとのこと・・・
復興作業は少なくとも2ヶ月かかり、お店も閉めないといけないらしい。

・・・・当然公演も延期です。少なくとも2ヶ月(^_^;)
天災にはかないません。
(来て下さる予定だったかた、すみません<(_ _)>
また、お知らせするので、是非次の機会にいらしてくださいね♪)


そして、一つ去ると一つやってくるもので、違う公演が入ってきました。
それも、ほぼ二人芝居なのですが、話がおかしい・・・・

"とっても変わったカフェの女の子が、とっても変わったお客さんに恋をして、
彼が食べたものをごまかして支払いをするのを、問い詰めているうちに
身の上話を始め・・・"

と、これだけ聞いてもおかしいのに、

男はマザコン
なのです。しかも39歳の設定。
『あなた、ボタンが掛け違ってるわよ!!』
『・・・今までずっとママンがかけてくれてたから・・・』
と言った始末・・・

・・・日本だったら、女性の観客が引くんじゃないですかねえ・・・??
ハンガリーはどうだか、観客の反応をみてきます^^;
[PR]
by parinka | 2006-06-08 22:30 | 演劇

雨で延期

ブダペストから郊外電車で1時間くらいのところに、Szentendre(センテンドレ)という
小さい街があります。古くて小さい町で、建物がとても可愛い。
観光名所になっています。

f0029365_92194.jpg
これがそのFőtér~中央広場です。

ここの、伝統あるカフェのテラスで、公演が行われるはずでした。
が、何せ最近の変わりやすい天気・・・・
朝はちょっと晴れていたのに、Szentendreに向かう頃は大雨。
テラスは、いちおう屋根があったのですが、舞台に水が滴り水びだし・・・・

・・・ということで、今日の公演は、雨のため延期になりました。

でも、とっても素敵な場所で、雰囲気もとってもいいです。
延期されたのは、2週間後の日曜日。
5時から、Nosztálgia kávézó(ノスタルジーカフェ)で、公演があります。
女優さん二人が、いろいろな形の『愛』を演じます。
私は、4曲ばかり弾く予定です。

f0029365_965644.jpg
テラスの天上にはこんな素敵なランプが(^^♪

f0029365_971314.jpg
これがカフェ兼客席です♪

街もとても可愛いので、遠足がてら良かったらのぞきに来て下さいね♪
Főtérから、Fő utca(メインストリート)を下る方向に進むと、もう3軒目にあります。

Info♪~Szeretőkről 出演:Rák Kati, Szölöskei Timi 入場料1000Ft
[PR]
by parinka | 2006-05-29 09:18 | 演劇

演劇出演!?

さて。
またまた演劇の方のお話ですが、演出家から、
『夏はいるの?』 とご質問が。
いるなあ~~、と返事をすると、早速また何ぞやの公演でピアニストが必要だと。
ただ、知らない人とやりたくないから、是非君にやって欲しいといわれた。
ふんふん、日程が合うんなら良いんですが。
というと、『日程は、君に合わせる』

・・・お~~~、VIP待遇だ~~~(^^♪

すごいぞ、それなら出来そうだ、と返事すると、
『いや~~、実は何シーンかは出て欲しいんだよね、良かった良かった』

・・・出て欲しいんだよね??

『そうそう、でも二言三言しか言わないから、はっはっは!』

・・・・二言三言・・・・喋るんかい??

『これが台本、君の役はこれ。台詞がこれで、あ、各シーンの間に曲が入るから』

と、各シーンの間の曲が勿論私のメインの仕事らしいが、
一シーンで、ウェイトレス役(これが良く喋る。いくら、とか、これはいかが?とか)
もう一シーンは探偵役。でも、メインの探偵にくっついている探偵らしく、台詞はない。

・・・できるんだろうか・・・・とっても不安だ(*_*;
[PR]
by parinka | 2006-05-24 07:08 | 演劇

二回目の公演

今日は、二人芝居の二回目の公演がありました。
そう、つい三週間前くらいに、精神修行の足りない、と思ったあの公演です。
今日は、やはり二回目とあって、落ち着いてましたね。
・・・自分で言うのもなんですが(笑)
人は慣れるものです。

ただ、どうにもならなかったのは、あいかわらずオープニングの『ホフマンの舟歌』。
例の女優さん、今日もやってくれました。
歌い始めて、すぐ二番に行ってしまった・・・・二番は、ちょっと展開するのですね、
で、しかも私の楽譜では、かなり先にあるので
(ピアノ譜は常に多いのです)
めくらないと追いつかない・・・・
うろ覚えで、伴奏していたら、なんと、一番に戻ってきた!!
しかし、またすぐにコーダに行ってしまった・・・・
そして、すごい早さで、曲はエンディングを迎えました(-_-;)

・・・・歌はいつもの事ながら、飛んで下さる方が多いです。
(オペラの方しかり)
この手のハプニングのときだけは、さすがにちょっと緊張します。

・・・これも慣れ、かな?


f0029365_649137.jpg

まだ、今回の公演は写真が出来ていないので、去年ピアニストだった二人芝居から。
(Rák Kati & Buch Tibor)
舞台の雰囲気は、大きな演劇よりも身近な感じで、観客の皆さんも楽しそうですよ~~~♪
お客さんの反応も、身近に感じるので、俳優さんの方もノリノリになるみたいですし(^^♪
[PR]
by parinka | 2006-05-22 06:55 | 演劇

精神修行2

今日は、久し振りに小さい演劇で、ピアノを弾いてきました。
女優さんによる二人芝居の、歌の部分と、場面転換で少々。

精神修行は、いつも必要だと思うのですが、今日はまた改めて
・・・・足りん。と思ったわけです。

まず、オープニングが、『ホフマンの舟歌』の、バルカローレで始まるのですが、
女優さんが出てきて、歌いだしたところまでは良かった。
・・・が、彼女はもともと拍感がないときがある・・・(共演したことがあるので知っていたのですが)
バルカローレなので、6/8が、最後まで続くのですね・・・・あわせられない(汗)
・・・ま、何とか、彼女が戻ってきてくれたので、こちらは、ひたすら、最後まで弾きとおしました。

そして、最初の場面転換。
『いすをスタッフが引っ込めてから、ライトがついたら、演奏を始める』段取り。
が!!
いつまで経っても、いすはそこにあります。そして、ライトがついた・・・え゛??
一応、弾き始めました。でも、いつまで経っても、いすはそこにあります。
しまいには、女優出てきた・・・

う~~ん。
でも、これは私の仕事ではないので、そのままにしておきました。
が、案の定、これは後々小さなカオスを起こします。

次の場面転換。
『また、もう一つのいすを、スタッフが運び込んだら、ライトがつき、私の演奏』
のはずが、まず、引っ込んでいく女優が、なぜか椅子を引きずって退場するのが見えます。
がたがたがたがた・・・・
(けっこう大きい椅子なのに・・・勿論最初の場面転換で、椅子が残ってて、ナーバスになった女優が、スタッフがやらないなら、自分が引っ込める、と強行してしまったのですね。)
そして、ライトが、つかない・・・・ライトがなくても、なんとなく楽譜も鍵盤も見えるのですが、なんとなくなので、
とっても不安・・・・
と、きょろきょろしていると、ライトがつきました。
後で聞くと照明さん、スタッフさんが出てきて椅子を運んだら、ライト、と思っていたのに、
スタッフさんが出てこないので、困っていたそうです。終いには、私がきょろきょろしだしたし(笑)

そして、この場面転換、『女優さんがスタンバって、ライトが落ちたら、退場』のはずが、
ライトが落ちない・・・・
ワンフレーズ弾いて、どうしよう・・・・と、もうワンフレーズ、えいっ、と弾き始めたら、
袖から、声を掛けられた。
うわ~~、終わらせなきゃ、でもはじめちゃった・・・・
と、結構どきどきものでした。

場面転換に選んだのは、Chopinのワルツ。
これが、綺麗なんだが、時々、弾きにくいパッセージがある。
で、舞台に背を向けて弾いていたので、舞台に注意しながら演奏すると、結構思ったところに手が行かず、自分でもびっくりするのですね・・・
いや~~、ハプニングのたびにどきどきだった自分。
慣れもあると思いますが、こういうときも動ぜずに、リラックスできるようになったらいいなあ・・・
と思ったのでした。

女二人による恋愛のエピソード(主に、心情を描いたもの)だったのですが、公演は大好評、お客さんは、みんなとても楽しんでいて、知らない人までが、声を掛けて来てくれたので、まあ良かった良かった(^o^)
[PR]
by parinka | 2006-04-24 02:30 | 演劇

Premier

とうとう、例の劇場のプレミアだったので行ってきました。
いや~~、プレミアは、華やかですね~~~♪
もちろん、この一週間は、缶詰状態で、泊り込みで、日によっては
朝の10時から始まり、終わったのは、夜の1時半、という日もあったそうですが・・・

彼らが歌を歌うシーン以外は、純粋に楽しめました。
歌を歌うところは、ちょっと、歌詞とかが心配で・・・・
でも、さすがプロの方々、とってもよかったです(^o^)

ちなみに演劇の方々には、よく知られているのかもしれないのですが、
原作は、Brechtというドイツ人だったのですが、ものすごくシュールで有名らしく
エンディングだけは、どうにもならないほど哀しいもので、
しみじみと、拍手が起きるといった感じだったのですが。

終わって、レセプションがこれまた華やか!!
ブダペストから、著名人が集まってきていて、有名な演出家、俳優たちを始め、
普通に芸能人が沢山来ていたので、一般人としては、わくわく♪
でも、彼らの前で
『今回は、インターナショナルなスタッフでした!』と、紹介されたのには、
ちょっと、美容院に行っておけばよかった・・・
と後悔しました・・・(そして今日行ってみた。・・・遅いですね(^^ゞ)
[PR]
by parinka | 2006-03-12 08:04 | 演劇

ハモンド~HAMMOND

久しぶりに、劇場のお仕事が来ました。
音楽劇をするそうで、劇団員に、歌を指導するお仕事です。
若い劇団員が殆どなので、一緒に仕事してて楽しいのですが、
教えるのは疲れる。

大抵、彼らは正しく楽譜が読めない。
ということで、大抵は、メロディーを弾いてあげ、聞き覚えていく。
が、ピアノでメロディーを弾いても音がわからないらしく、
一緒に歌わないといけない羽目になる。
しかも、正しい発声で歌ってない人が多く、
小一時間教えていると、こっちののどが痛くなってくる・・・・

・・・もちろん私の発声も正しくないのですが(^^ゞ

プレミアは、一ヵ月後。
当日は、シンセでもなくキーボードでもなく、f0029365_4563497.jpg

ハモンド~HAMMOND

という楽器が使われる。
これは、どうもオルガンのミニ版として作られたらしく、
いろんな楽器の音が出るし、レジスターチェンジも、簡単に出来る。
ハモンドさんという人が開発し、1900年代前半に出てきて、
リゲティなども、ハモンドのための曲を多く作曲したという話。

・・・知ってました?この楽器。

ちなみに、ここにある楽器も殆どは、MADE IN JAPANらしい(^^ゞ



f0029365_4481722.jpg

[PR]
by parinka | 2006-02-11 05:00 | 演劇