ワインをこよなく愛するコレペティが、ハンガリーより自由気ままにお送りします。


by parinka
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2006年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

そう。
あさって私のビザが切れるので、新しい滞在許可をもらいに行かないと
いけないんだけれど、出来ているかなあ~~??

大抵は、期日に出来ていません。
書類の不備、とかではなく、ただなぜか出来ていないのです。
でも、運の良いときはその日に出来たりします。
・・・要するに適当だ(^^ゞ

ところで。
必要な書類が良く変わる、と言いましたが、私が来て3年目くらいに、
『大家が本当にその貸家を持ってるという登記証明』
が必要になりました。
後で考えると、不動産マフィアが多かったせいもあると思うのですが
(架空の登記証明で売買して、その家は誰のものにもならない、と言うもの)

『登記証明』

なんて外国語は、何語でも知らないと思いませんか??
最初何のことか全然分からず、大変でした。
しかも、当時の大家は、再婚した夫婦で、その家は、なんと
だんなと元の奥さんの連名の持ち物・・・

そうすると何が起きるか、と言うと、家の契約書やら、
滞在許可の申し込みの書類に、
『離婚した元奥様のサイン』
と言うものが必要になるのです・・・・あら大変。

勿論離婚したくらいです。
仲の良いところもあるかもしれませんが、大抵は、絶縁状態だったりする・・・
もしくは、話はしたくない状態。
・・・大変でした(^^ゞ

この前申請に行ったときは、偶然知り合いに会いました。
彼女は、なんとその『登記証明』、『現在の住所表記と違う』ため、
『区から、住所表記が変わった証明書』がないと、その登記証明が
有効にならない、と言われて書類を返されたとのこと・・・

要するに、共産圏時代、国の事情でいろいろな通りの名前が変わったのですが
そのまま『登記証明』を作り、民主主義になり、通りの名前が戻っても
国土庁が、変更を行っていないので、それぞれの区が、証明書を出しなさい。
という訳分からないもの。

・・・・通りの名前を変えてるのは君たちなんだから、
国民が困らないように、官庁同士の統一を図ってください・・・・(*_*)



・・・と、また呆れてみたりして(^^ゞ
[PR]
by parinka | 2006-07-31 18:07 | Visa (ビザ~査証)

ビザについて思うこと

今日は、冷蔵庫の整理から一日が始まりました・・・・
頂いたスグリがもうかびている~~~(>_<)
よく洗って、被害のないのを冷凍しました。
果物も、冷蔵庫の中じゃすぐ傷んでダメです・・・・

それはさておき。

先ほどコメントを書いているうちに、ここのビザのことを思い出しました。
外国にいると、滞在許可、というのが必要ですよね。
これは、国によって取れる年月や、必要な書類が違うのですが、
ハンガリーは、近年EUに入った影響か、毎年違うことを言われる上に
一年ごとに更新しなければいけなくなりました。
・・・とてもめんどくさい(*_*)

でも、それでも取ることそのものは、ものすごく楽になったと思います。
私が最初に来たときは、まず日本で、留学用の入国ビザを取ってこないといけなかった
のですが、1年以上留学をしたい人は、その入国ビザと一緒にすぐに滞在許可を申請しに行かなければいけませんでした。
(入国ビザの期限は30日、勿論観光目的ならビザなしで入れました。)

しかし!

申請する場所は、ブダペストに一箇所しかなく、担当者は3人。
共産圏ぽい建物の待合室は20畳位の空間にいすが30個位。
今でこそEU圏からの人は必要ないけど、当時は全ての国籍の人に必要な滞在許可。
ありえない量の人が訪れます・・・
今のような番号札は最初勿論なく、来た順に並んでいるようだけど、
誰が誰の前かわからない・・・・(国籍もスーパーミックス)
そして、8時半に開くのだけれど8時前から人は門の前に並んでいて、
開門と同時にそこに押し寄せるわけ。
・・・ということで、全然順番も分かりません。
そして勿論、一番分からなかったのは、

英語を喋れる人がいなかったこと。

しかも、周りの外人たちは大体ハンガリー語喋ってる・・・
最初状況が理解できませんでした。
勿論彼らは何年もいて更新の人だったみたいなのですが、
行ってすぐ行かなければいけないところが、ハンガリー語オンリーって、
結構つらかったです(>_<)

その当時、人によって言うことも違ったので大抵何度も通わないといけないし
最高で5時間待ちしたことありました。
唯一ラッキーだったのは、運がよければ3年とかビザがもらえたこと。
・・・今はそれがないのが、残念です。




・・・・でも雰囲気は日本でイメージする 『役所』 みたいな感じ(つまりクリーンな感じですね)になったから、いいか~~~(^^ゞ
[PR]
by parinka | 2006-07-30 23:50 | Visa (ビザ~査証)

怒っ

昨日の夜10時半に生徒から電話がありました。

30分ほど前に入試センターからショートメッセージが来て、
今年は1次のあしきり点が96点なのであなたは合格しませんでした。
と書いてあるが、自分は2次まで行ったし、2次もパスして入学の準備もしていたのに
訳分からない。眠れない。という。

・・・つまりこうです。
彼女は実技試験の1次試験に94点で通りました。
実技試験の結果は当日分かるようになっていて、そこの学校は
あしきりが90点に設定されていて、90点以上は実技はパスしたとみなされ、
2次(ソルフェージュ)に進めました。
ただ、枠は4人しかない、と決まっていて、彼女は5番目で通過したので、
誰かが2次に失敗すれば入れる段取りでした。
(勿論彼女が2次に失敗しないという前提です)
そして、2次の当日一人来なかった人がいて、受けた4人はみな2次は合格。
後は、学校側が予算を削減して人数枠が3人にならない限り彼女は
合格したという計算でした。
正式な結果は8月の一週目に文章で送られる手はずです。

けれど、昨日夜10時前にショートメッセージが来たという・・・・
あなたは1次に通過しませんでした。

・・・・この国は良く分からないことが起きます。
それは知っているけれど、夜の10時ごろになんで
『入試センター』が、『1次の結果を報告するショートメッセージ』を送るんだ~~~???
しかも、何であしきり点が96点なんだったら1次の後に
『ダメだった』、といわなかったんだ~~~?

勿論実技の後、大学の担当教授とも話しをしてきました。
彼は、枠が少ないから、彼女の位置は微妙だけど、運がよければ
入れるようにこの点数と、順位をつけたんだよ。
(勿論その『運』とは、誰かがいなくなる、という設定のことです)
と言っていました。

と言うことで、落とそうとして点数をつけたわけではないということ。
落とそうとした生徒に関しては、勿論あしきり点よりも下の点数をつけると言うこと。



・・・わけわからない。(>_<)


今、いろいろな人に聞いて、何が起こっているのか聞いているところですが、
私には、本当にこの入試センターのしていることが分からない
世の中便利になったのは良いと思うけれど、
本当に情報の混乱が多くて困ります。
この国だけに、本当に不合格、と言うことはありえると思うけれど、
(予算が下りないということは良くあるので)
もう少し、クリーンで正確な情報公開を心がけて欲しいです(怒)
[PR]
by parinka | 2006-07-28 02:09 | 雑談

ズッキーニ

ハンガリーはまだ、いつでも食べれる野菜。
と言う感覚のものはありません。
(↑しいて言えばジャガイモとたまねぎ。でも、季節によってものすごく質が変わります)
と言うことで、その季節にその野菜を食べるのがとても大事。
特に今はいろいろな果物も出る季節なので、買って食べるだけでなく
コンポートやらピクルスやら、保存食も作ります。

さて。
ここでは更にいろいろな野菜がとっても大きいのですが、
日本でも米ナスなど見られると思いますが、いちいちあんなサイズです。
今日は巨大なズッキーニを見つけてしまったので、早速買ってみました。
どのくらい巨大かというと、普通のワインのビンより大きいです。

・・・でかすぎやろ・・・^^;
f0029365_2118331.jpg
ちなみにこのズッキーニ、2本で145フォリント(日本円で80円位ですかね)
安っ・・・・・(^_^;)

このズッキーニはかねてから作りたかったズッキーニグラタンになりました。
f0029365_21185111.jpg

うまかった(^o^)



・・・それにしても作り方には、ズッキーニ8本、とあるところがこの巨大なのは
一本で済みました^^;
[PR]
by parinka | 2006-07-26 21:23 | 食の文化

雹~ひょう

最近夕立と言うにはあまりにもすごい雷雨があったりします。
昨日もプールで泳いでいる間にすごい勢いで雷雨だったのですが、
今日は、それに加え雹(ひょう)が降っていました。

雹が降ることそのものは何度か経験しているので、さほど珍しいことではないのですが
今年はちょっとおかしい。
それは、雹のサイズがでかいのです。
(今年は、それで北の方の農作物がやられています)
今日も、ものすごいバリバリと言う音とともに雹が降ってきました。
(先月降ったことを思うとちょっと頻度も高いですね)
うちの窓は二重になっているのですが(大抵の家はそうだと思いますが)
外側のガラスが割れそうだ・・・・
しかも、同時に雨もすごくなり、台所の窓からは、水があふれ入ってきました
・・・オイオイ(^^ゞ

家の前の道路は洪水みたいになり、雨が和らいできた今は、今度
救急車のサイレンが途絶えません・・・コワイ(>_<)

うちは、台所がぬれるくらいの被害でよかったけど、下の家の犬は大丈夫かちょっと心配です。(後で見てこよう)

雨が降ると少し涼しくなるから嬉しいけど、これはちょっと・・・
朝はすごい良い天気で、お布団も干していたのに、本当に夏のお天気は
分からないですね。

f0029365_22224216.jpg
雹は速度が速すぎて撮れませんでした(>_<)
うちの前の道路の様子。(これも、雹と雨がすごすぎてスーパー遠くからしか撮れなかったけれど、道は水に埋まってます)
[PR]
by parinka | 2006-07-24 22:27 | 生活

ペイント・カウ in BP

何度も言うようですが、今年は猛暑です(>_<)
ものすごく暑いのです。
昼間の時間は何も出来ません。
南国のように、シェスタするしかありません・・・
外に出れば肌はやられるし、かといって家の中にはクーラーがないし。

・・・ということで、牛探しなどしていられるわけがありません。
しかも、どこにいるんだか全然分からないし、
やっと見つけたと思ったら、なんだか可愛くないし・・・・
しか~~し!!便利なことに、ホームページがあるようなので、散策は省略です(^^ゞ
オリジナルはこちらです→Budapest Cowparade2006

そう!!
ブダペストでは、なぜかペイントに力を入れているというより、
アイディアに凝っている感じで、
変な牛がいっぱいいるのです。

例えば一番最初にうちの近くで見つけた牛はこれ↓
f0029365_23413154.jpg
コンセプトが分からなかった・・・

HPはもう少し好感の持てるのも見つけました。
例えば、これ!! ちょっと可愛い♪
f0029365_23411227.jpg


そして、ルービックキューブを発明した国ならでは。
f0029365_23405672.jpg


ハンガリー人の趣味、チョチョー(テーブルサッカーですね)もわすれられていません。
f0029365_23414861.jpg


個人的に一番好きだったのはこれ↓
『遅れました』
って書いてあるけど、足についているのは駐禁の車がつけられる足止め!!
f0029365_23403616.jpg


ちなみにこれらは9月10日までブダペストにいた後は、
公開中に買われた落札主のところに行くようですよ。

・・・これを買おうっていう人もすごければ、
これが家の中における家って言うのもすごいですよね。
(勿論お庭に置かれる可能性もあると思われますが・・・(^^ゞ)


あ゛~~、それにしても暑い(@_@)
プールに行ってきます・・・
[PR]
by parinka | 2006-07-23 23:57 | 雑談

Padovaの植物園(世界遺産)

慌しついでに入試最終日は、午後に国外逃亡の日でした。
午前中に入試が終わると、ばたばたとセール真っ只中のイタリアへ行ってきました♪
今回は、用事に引っ掛けてもうバカンスです。

初めて行った街Padova。
ここは『大学都市』と言われているようですが、時代を感じる建物のほかに
ヨーロッパ最古と言われる植物園がありました。
これは1997年に世界遺産になったそうです。

早速行ってきました。
とても暑い日だったのに、入ると樹が多く涼しい。
そして、緑が多く空気が綺麗で、とっても落ち着きました。

f0029365_239503.jpg


熱帯の植物からアジアの植物まであり、
(アジアの植物は、銀杏とか、竹とか松とかで珍しくはありませんでしたが(^^ゞ)
見ていても飽きない感じ。
けれど、やはり注目の場所は、『睡蓮』&『水草』の一画。
水に浮いているのも美しいのに、花がとても美しい・・・
f0029365_23125042.jpg
f0029365_2313390.jpg

そして、とても大きい蓮の葉がありました。
お釈迦様がのれそうだ・・・・
f0029365_2316142.jpg

そして、金魚の水槽によくいれていた水草にも、綺麗な花が咲くのですね!!
びっくりしました。
f0029365_23144139.jpg

他にも見たことがないけれどとても綺麗な水草がありました。
f0029365_23141598.jpg

敷地内に何箇所もある休憩スペース。
とても落ち着く感じのお庭になっています。
f0029365_2315349.jpg

ガイドブックにはとても小さくしか載っていなかったけれど、
ものすごく気持ちの安らぐのスポットでした。


・・・・それにしてもイタリアには世界遺産指定地域がいっぱいありますね。
そのうち、イタリアそのものが世界遺産になったりして^^;
[PR]
by parinka | 2006-07-19 23:41 | 旅行

Allois Dallmayr

入試シーズンが続いています。
殆ど毎日どこかの大学で入試があるので、気分は夏休みなのに、
朝早く起きなくてはいけない・・・
と言う体に負担のかかる生活(←超夜型)が続いております(^^ゞ

でも、後二日!!
リスト音楽院の入試では、かっこいい先生にも会えるので、頑張ります♪(←ゲンキン)

さて。
なかなかブダペストの牛が集まらないので、今日は先に、
『ミュンヘン版紀伊国屋』
を、ご紹介します。

その名も、Allois Dallmayr!!
f0029365_1952885.jpgf0029365_1954117.jpg







    壁も豪華です。
    由緒正しい感じが良く分かります。

そして、中にはいると、人の群れが・・・
なんだろうと思ってみてみると・・・・
f0029365_1991219.jpg
!!美味そうだ・・・・これは群がります。

そして、ロブスター様だ~~~~
f0029365_1984355.jpg
お惣菜も、とっても豪華でした。
(でも目の前でどんどん買われていった・・・貧富の差を感じる・・・(+_+)

Dallmayrは、コーヒーが有名です。
もともとドイツに行くとDallmayrのコーヒーを買っていたので、豆を見に行くと・・・
f0029365_19161673.jpg
素敵な陶器に入っていて、量り売りをしてくれました♪
今回は、Dallmayrブレンドを買ってみました。
(ドイツ語は全然分からないけど、『豆のままで良いですか、挽きますか?』
の質問は、勘で答え、友達を驚かせることが出来ました(^^ゞ
・・・コーヒー党には重要ですね)
f0029365_1971755.jpg
素敵な野菜売り場の前では数人のおばちゃんが、ずっと悩んでいました。

f0029365_19155715.jpg
そして、ここにもあった、生ハム~~~♪
パックに入っているのと違って、本当に美味しいのです・・・(>_<)

本当に、広くてびっくりしたDallmayr。
『ちょっといいもの』が置いてあるので、いろいろ買うことは出来ませんでしたが
目の保養になった素敵な空間でした(^^♪             (↑貧乏)
[PR]
by parinka | 2006-07-09 19:33 | 趣味

ペイント・カウ in Prague

タイムリーなことにブダペストにも登場した奇怪な牛たち・・・
ライオン・パレード in Munchen の反響も思いのほか多かったので、
調子に乗って、ブダペストよりも前に、プラハの牛たちをご紹介します(^^♪

彼らが登場したのは2年前。
でも、結構センスは良い感じでしたよ。

ちょうどチェコ・ハンガリーなどがEUに入った年。
勿論います、EU牛。
f0029365_17545952.jpg

お次は美しき天文時計、
f0029365_17551717.jpg

の辺りにいた天文時計牛。超綺麗です♪
f0029365_17553310.jpg

そして、人が群がっていた、フェラーリ牛!!
赤いBODYは勿論遠くからでも目立っていました。
f0029365_17554883.jpg

辺鄙なところにいたけど、個人的にはとても好きだったメトロ牛。
とっても正確にペイントされてます。
f0029365_1756560.jpg


まだ実は街の方に出ていないので、Budapestの牛たちをちゃんと見ていません。
明日、探索に行ってきます♪

・・・それにしても、ベルリンに登場したのは2001年くらいだったはず。
(その頃はまだデジカメ、と言うものを持っていなかったので写真がありません(^_^;))
そして、プラハに現れたのは2年前。
ブダペストに登場したのは、何でこんなに後でなんだろう??
[PR]
by parinka | 2006-07-04 18:03 | 旅行

ペイント・ライオン

暑さが少し和らぎました・・・よかった。
数日前は、急にパスポートの更新をしなければいけないことが判明し、
暑い中、大使館まで行き、死ぬかと思いました(>_<)
でも、一週間もかからずに作ってくれた、ハンガリー在日大使館、すごい!!

さて。
そんな中、またまた入試の伴奏で、今度はミュンヘンに行っておりました。
久し振りのミュンヘン!!
ビールは美味しいし、W杯でどこも盛り上がってるし、良い雰囲気でした。
それは徐々に報告するとして。

また見かけました、ペイント・ライオン!!
・・・また、と言うのはおかしいですね、かつて見かけたのは
ペイント・カウ(牛ですね)』
だったか。
ペイント・カウは、ベルリンのいたるところに設置され、エルメス・カウ、ヴィトン・カウ
などもありました。
その後、プラハでも見かけ、メトロ・カウ(路線図)などが町中にいて、
最初は『なんだろう??』と思ったものの、そのうち色々な牛を探す癖がついてました(笑)

ちなみに、日本でも、羽田空港に一匹、千住博さんによるスペース・カウがいて、嬉しかった記憶があります(^^ゞ



でも、今回は、ライオン!!
f0029365_1916814.jpg


例えば、てんとう虫・ライオン!!
・・・てんとう虫飛んでます。微妙に笑っているようなのが可愛い。
f0029365_19151185.jpg


そしてとっても綺麗な、時計・ライオン。
時計のぜんまいの部分などが綺麗に書かれていて、ちょっと風格がありました。
f0029365_19164741.jpg


マキアート・ライオン。勿論カフェの前にいたのですがとってもダンディーな感じです♪
f0029365_1917287.jpg


そして今回目を惹いたのは、携帯会社のライオン君たち。
まずは、Vodafoneライオン。帽子かぶって、ドイツチームのユニフォーム着てます♪
f0029365_19163279.jpg


そして、最高傑作、O2・ライオン。
O2という携帯会社の前には、勿論酸素を浴びてるライオン君・・・すごい(^^ゞ
f0029365_19172299.jpg

一緒に行ったハンガリー人は呆れていましたが、ちょっと面白いですよね?
[PR]
by parinka | 2006-07-02 19:34 | 旅行