ワインをこよなく愛するコレペティが、ハンガリーより自由気ままにお送りします。


by parinka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2007年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

眼科のお話

いろいろな人に心配していただき、ありがとうございました<(_ _)>

その後、段々かすみ目はひどくなり(←今思えばたぶん思い込みから悪化した)、
ある朝、ぼやけたしみがいっぱい出現したので、
否も応もなく、総合病院の眼科に行ってきました(←いやあ、びっくりした)

近くの総合病院はとっても感じの悪いお姉さんに当たってしまったので、
むかし通っていたちょっと遠くの総合病院まで行ってきました。
(もう2年くらいいっていなかったので、いきなりトロリー乗り過ごしたりしましたが・・・((^^ゞ)

優しそうなおばちゃん先生に当たり、ほっ
眼圧、乱視、視力・・・と、普通に眼科の検診の後、事情を説明。
視力は、激落ちしているようで、持っていっためがねで何が見えてるのか不思議がられました。
(夏日本で、素晴らしいアイマニアのいる店で作ったから、完璧なはずなのだが・・・↑)
でも、『歳を考えると、これ以上近眼は悪化しない』
と、きっぱり。・・・そうですか(-_-;)

しか~し!ぼやけたしみがいっぱい見える、という言葉にに
ちょっと心配そうになったおばちゃん先生、紙を取り出しました。
碁盤の目みたいな紙を渡され、
『線がゆがんで見えたり、欠けて見えたりするかどうか』チェック。
う~~ん、かすむけど、ゆがまないのです。

じゃあ、と、眼底検査
わたしの視界が真っ赤になるまで、念入りに見てくれたけれど、綺麗なもの、らしい。
原因が見つからないので、もう一度、他の機械で目のチェック。

恐ろしく目が乾いている以外は、炎症も、網膜剥離も見つからなかった・・・』
(ハンガリー語の分かる方のために。
Borzalmasan száraz a szeme!!
と言われました・・・なんか、言われてることがBorzalmasなかんじ・・・・)

とのこと。
要するに、

ドライアイ

らしい・・・・
ドライアイは、立派な病気だそうです(*_*)
ということで、目薬を処方され、それで悪化していくようだったら、また来るように言われました。

う~~ん、涙は出る方だから、ドライアイだとは思わなかった・・・・
ドライアイは、目のかすみ、目が重い、などの症状のほか、頭痛や肩こりも起こすらしい。
・・・怖いなあ。
ちなみに、一生懸命目薬さしてたら、さしすぎも駄目、って言われました・・・・(>_<)

ま、そんなこんなで最後のコンクール行ってきます(笑)
大事じゃなくて、良かった(^^♪
[PR]
by parinka | 2007-03-30 10:47 | 生活

今日のつぶやき

今日の金髪

片道三車線の交通量の多い大通りで、信号も横断歩道もない所を
全ての車を、大型トラックまで普通にかる~~~く止めて、渡って行った・・・

さすが金髪。やることも派手だ。




・・・・でも、優雅だった、ちょっとうらやましい・・・・
[PR]
by parinka | 2007-03-29 09:53 | ひとりごと

かすみ目

・・・右目が時々かすむんですよ・・・
もうかれこれ一週間以上。

・・ということで、できるだけパソコンやテレビを見ない生活を続けています。
視力が激落ちたせいと言うこともありえるので、
新しいコンタクトは作ってみましたが、やはり眼科に行ってきて見ます。

ちなみに、Optika(コンタクトを作る所についている眼科)のおばちゃまは、
まあ、見る限り、コンタクトも悪くなければ目の表面も美しい。
むしろ、乱視も治ってるし、
『重いもの持った?』・・・・いえ
『安定剤や睡眠薬飲んだ?』・・・・まさか・・・
『あ、目を使う仕事してる??』・・・・はいはい。

見るからに右目が疲れているとのこと。
私には分からなかったけどなあ・・・

ちなみに、オーケストラをやっている知り合いに相談。
すると、やはり瞬きをせず楽譜を見るのは目に良くないと。
真剣に弾いていると、4楽章くらいになると乾いていたりかすんできたりするので、
意識的に演奏中も瞬きしたり、アイケアをしているのだとか・・・・

・・・私なんて、初見の連続も多かったり、凝視して本番も多いのに、
酷使しすぎたのかもしれない・・・・

楽譜を見ながらお仕事の方々、テレビゲームやパソコンで息抜きをされてる皆様、
今は、外的な衝撃がなくても、これらが原因で網膜剥離になったりするそうなので、
ブルーベリーを食べたり、目を休ませたりして、良いお仕事していきましょうね~~~(^^ゞ



・・・いずれにしても、まず眼科眼科・・・・

P.S. そういったわけで、コメント超遅れています。すみません<(_ _)>
    でも、コメントくださった方々、ありがとうございました♪
[PR]
by parinka | 2007-03-26 07:15 | 生活

フルートコンクール

無事に、全国音楽コンクールフルート部門が終わりました。

・・・・長かった・・・・

今年はカテゴリーが学年ごとに分けられたため(今までは2部門だったのが今年は4部門)
一次は、朝の8時半に始まり、全てのカテゴリーに生徒が出ていたため、
最後のカテゴリーが終わってみたら、夜の8時過ぎでした・・・・なが・・・・(^^ゞ

今年は、うちの高校史上初めて、二人本選に出場!!
(他に、フルートが強い高校が多い中、大健闘(^o^))
・・・お陰で夜10時までリハ、次の日はまた朝9時から本選で12時まで。

さすがにげっそり・・・・

そう、前日丸12時間以上の労働に加えて、午前中に、Casellaなんて、弾けません(*_*)

今回何が大変だったって、本選は、もう自分が、リハーサルしてるんだか、
本番にいるんだか、練習しているのか分からないくらい、
ボーっとするは、テンション上がらないわ・・・・
チョコレートとコーヒーであげまくって頑張りました(笑)

おかげさまで、初めて『最優秀伴奏賞』と言うのをいただきました(^o^)
生徒が賞を取れなかったので、ちょっと残念だったけど、
うちの先生も、『最優秀指導者賞』をもらって、うちの高校がちょっと認められたのが
嬉しかったです。

残すは、月末のクラリネット部門!!
また、英気を養って、頑張らねば・・・・

f0029365_10511127.jpg

Debrecenの音楽高校ホールの天井・・・超綺麗でした(^o^)
[PR]
by parinka | 2007-03-20 10:52 | 音楽

予定外

もう更新する時間もないだろうと思ったのですが・・・

コンクールの関係で、15日の独立戦争記念日に出発しないといけないのですが、
各地で集会。多くの場所で道路の閉鎖、暴動の危険・・・


道路の閉鎖って・・・駅までたどり着けるんだろうか・・・・


ありえんハンガリー・・・
・・・・って言うか、何で15日に出かけないといけないんだ・・・やっかいだ(~_~)
              
                 

ハンガリー在住の方で、大使館からメールを受け取っていない方、
偶然こちらに旅行にいらっしゃる方は、詳細も載せます。


無事コンクールに行けること祈っていてください・・・・(*_*)

大使館からのお知らせ
[PR]
by parinka | 2007-03-14 03:39 | 生活

時の経つのは早い・・・

夏の日差しになってきました、ハンガリー。

更新をしないうちに、次のコンクールに出発になりました。
・・・1週間おきに旅&コンクールはちょっと多いですね(-_-;)

高校生のコンクールの中で、一番きつい、フルートです。
何がきついかと言うと、他の部門は、予選本選両方演奏させてもらえるのに、
フルートだけ、予選で、殆どが落とされます。

・・・そう、人数が多すぎる上に、レベルが高いのだ・・・

可哀相ですが仕方ありません。
ピアノの人数の多さと一緒です。


・・・ま、これも選んだ楽器が悪かった(^^ゞ


と、生徒を慰めて(!?)います(笑)
冗談は置いておいて、どの楽器にも善し悪しがあります(←いろいろな面で)

さて。
今年はどんなドラマ(陰謀)が待ち受けているか。
いってきま~~す♪
[PR]
by parinka | 2007-03-13 19:12 | 音楽
日曜日、高校生のファゴットコンクール全国大会が終わりました(^^ゞ

VeszprémというブダペストからICで2時間くらいの街で2年に一度開催されます。
ファゴットとオーボエは、人数も少ないことから、予選・本選と全員が吹きます。
私は3回目の参加だったのですが・・・やはりありえないことは多々・・・

まず、出発前日金曜日。
ひょんなことから、コンクールの時間そのものが全部変更になったことを知ります。
3時間くらい早まったカテゴリーもあり・・・・
・・・ということは、予定していた列車では、間に合わない・・・・!?
数日前に予定を変更しないで欲しい・・・・

一本電車を早めていくと、楽しみにしていた審査員長Lakatos Györiが、
奥さんの出産のために、来れなくなった事を知ります・・・ショック(*_*)
代わりに、今飛ぶ鳥を落とす勢いのフェスティバルオケのBenkóciがきて、
まあそれはそれはいいファゴット奏者なので良いのですが。

当日になって、楽譜を見ても良い、とされていた現代曲の課題曲も
『暗譜で吹かなければならない』
ことが判明します。
これは、オーガナイゼーションのミスなのですが、
審査員長に代わりに座ったのが、超厳しいことで有名なオーボエ奏者。
暗譜でなければダメ、の一点張りで、二人くらい、吹かせてもらえませんでした・・・
彼らのせいじゃないのに、かわいそうだった・・・・・(>_<)

いや~~~、返す返すもありえないハンガリー。
その中でも唯一良いニュースは、私の伴奏した男の子が一人、優勝しました♪
う~~~ん、かなり才能のあるこなので、どんどん伸びていって欲しいですね(^^♪

それにしても、こうやって強くなっていくのかな・・・・
と言うほど、ありえないハンガリーですね(^^ゞ

f0029365_11101773.jpg会場となったDohnányi高校
[PR]
by parinka | 2007-03-06 11:11 | 音楽

また・・・!?

始まりました、一連の『旅』
まずは今日は再びケストヘイ。
高校生の、リハーサルのためのコンサートです。
あいにくの天気でしたが、盛況。
・・・しかも、車で行ったケストヘイは近かった・・・・
運転していた人が速かったとはいえ、列車で3時間のところが、
1時間半でした・・・(^_^;)
これなら、日帰りも楽です。
で、明日からヴェスプレーム。
代行のコンクールの本番です。祈っててください(^^ゞ

ところで、そんなこんなな中、また一本の電話が。
ブダペストには3つ高校があるのですが、私はその一つで働いていて、
もう一つの高校から、このまえSOSが来て(それが明日のファゴット)
今度は、残りの一つの高校から、フルートの伴奏者が倒れた。
今回の課題曲は超現代で、今から見れる人がいないので、お願いできないか。と。

・・・できませんて・・・・

いまやっている代行だって、予定よりも多く行かないといけなくなったのです。
やはり、合わせ2回で本番。と約束したって、高校生、そう簡単にはいきません。
共演者として、信頼関係も築かないといけなかったり
(高校生なにやるかわからないから、こっちもコワイ・・・(^^ゞ)
そうでなくても、合わせが2回というわけにはいかないのです。

しかも、今回ただでさえ最初の予定でも6人も伴奏するフルート。
人数が多いと、当日のリハや、ケアも大変なのです。
2人くらいでちょうど良いのに・・・・
ま、そんなわけで普通に断りましたが、この具合の悪くなったピアニスト、
悪い人じゃないのですが、かつて、自分の出産が計算できなかった人の一人。
いずれにしても、大事に至らないと良いのですが、
身体は資本だから、くれぐれも気をつけて頑張りましょう(^^♪
[PR]
by parinka | 2007-03-03 09:11 | 音楽