ワインをこよなく愛するコレペティが、ハンガリーより自由気ままにお送りします。


by parinka
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

憂いの夏

私には、年上の同僚が多いのですが、
(みんな親切で、いつも助けてくれて、素敵な同僚ばかりで本当にラッキーなのです)
そのうちの一人が、この度オーケストラを定年退職されるとのこと。
最後の日のコンサートに招待していただきました・・・・

・・・・・沁みるなあ・・・・・


そしてもう一人、私の一番お世話になっている同僚が
完全退職を決意なさいました。
現役の演奏家を引退して5年。
後進の指導にあたっていたけれど、それも引退するとのこと。

・・・・本当にいろいろなことを教えていただきました。


もちろん交流が終わるわけではないので、
色々企画していきましょうね、と話したものの
そして、完全に衰退する前に若い世代に譲っていこう、
という素晴らしい先生たちなのですが、
ものすごく感傷的な時間をすごしています・・・・
[PR]
# by parinka | 2010-06-01 20:27 | 生活

今年度最後のディプロマ

今年度最後のディプロマコンサートが無事終了しました♪
(なんと、当日には楽譜が出てきて、ほっと一息(*_*))

先日ご紹介したホールにフルオケが乗って、それはそれは狭い感じ(@_@)
今回は、ピアノ伴奏のほかには、オーケストラのピアノを担当。
指揮者のMedveczky先生は、たった2回のリハで、
寄せ集めのオケを完璧に導いてくれて、神かと思いました(*^_^*)
(John Williamsのチューバ協奏曲は、複雑なのです♪)

聴いていた人からは、

オケの中では(ピアノが)何をやっているかさっぱりわからなかった

といわれましたが(笑)、とても楽しかったです。
(主には、Tuttiのところを弾いていたので当然ですね(*^_^*))
f0029365_7464251.jpg



・・・・唯一びっくりしたことといえば・・・・・

Vivaldiの後奏で、なぜか、一つ目の間奏に行ってしまった・・・・・自分。
あわてて、最後の何小節かをつなげて終わらせましたが、びっくりした~~~(@_@)



・・・・って、目の前に楽譜あるじゃん(~_~;)


とってもびっくりした一瞬でした(^^ゞ


・・・またまた、終わりよければ全てよし(笑)
[PR]
# by parinka | 2010-05-29 22:18 | 音楽

2度あることは・・・・

今日は、Piliscsabaという街でコンサートでした。
最後のディプロマの子の最後のリハーサル。
とてもいいところで、なかなか良かったのですが・・・・・

先日、コンサート後は気をつけなきゃ・・・・
と書いたばかりだったのに(@_@)

気をつけて気をつけて、楽譜をなくしたようです(T_T)


・・・ありえない・・・・自分。


来週本番なのに・・・・(@_@)

もちろん、そんな自分のために、コピーはいっぱい用意してあるのですが(笑)
一曲だけ、持ってる曲の調が違う・・・・(*_*)


一週間、何とかしましょう・・・・・
[PR]
# by parinka | 2010-05-21 21:12 | 音楽(こぼれ話)

アスパラ

街中に見かけるようになってから、もちろん毎日食べています♪
私は、水分のとびにくいレンジ派(*^_^*)
最近はシンプルなチーズがけがお気に入り♪
f0029365_743481.jpg
グリーンアスパラのほうが栄養素が多いので、通常はMIXしますが、
やっぱりホワイトアスパラおいし~~~~~(*^_^*)
[PR]
# by parinka | 2010-05-13 21:39 | 食の文化

気をつけなきゃ・・・・

XIII区の音楽学校でコンサートをさせてもらった。
学校がしまるぎりぎりの時間にコンサートを終了したので、
ものすごい大忙しで出た結果・・・・・


 ・ 最新型MDを忘れてきた(*_*)

 ・ マイクを忘れてきた(@_@)

 ・ コンサートを作ってくれた先生は、荷物一式忘れてきた(え゛~~~~!?です)




・・・・忘れたのが厳重な管理のされているホールだったので、
早速戻ってきましたが、あせった・・・・・(@_@)
日本では軽く手に入るマイクとか、こっちでは手に入りにくいし、
急いでいても気をつけよう・・・と思ったのでした。
[PR]
# by parinka | 2010-05-07 20:22 | 雑談

追記 II

そういえば、ピアノの方にはお勧めできないと書きましたが、それで思い出したので
Diplomaのホールに関してもうひとつ。

もう一箇所公式のホールに指定されたのがArtisjus
Déli pu.(南駅)の近くにある、どうやら著作権関係の機関の所有するホール。

室内楽などには程よく、ピアノもSteinways&sonsの、新品が入っている、
とても響きのよい、ホールでした。
舞台はこんな感じです。
f0029365_6491879.jpg
客席はこんな感じ、とても雰囲気良いですよね♪
客席は大体100席くらい・・・・だったと思う。ちょっとこじんまりですかね。
f0029365_6493647.jpg
扇形のタイプなので、真中に楽屋があります。Diplomaだと、その楽屋口の上が審査の先生席、かな?
f0029365_6495248.jpg


・・・・実際は、ここでは演奏しなかったのですが(^^ゞ


・・・・・なぜって・・・・金管アンサンブルが普通に入るDiploma。
ちょっとうるさいですよね・・・・お客さんには・・・・(#^.^#)
[PR]
# by parinka | 2010-05-07 06:44 | 音楽

追記 I.

そう言えば、このディプロマでは、チューニング管が落ちて・・・・
なんて、ハプニングを書きましたが、その夜には、高校でフルートのクラス発表会がありました。

7時開演。
最初の子の演奏、周りの生徒たちが緊張する中、5分後


・・・・全館停電・・・全ての照明がおちました・・・・(@_@)


建物の反対側も、道路も電気はついてるし、
いったいどうしたの~~~~!?!?
誰も原因は分からず、いつつくかもわからない

・・・けど、今は運良く日が長い!!

ということで、楽譜が見えなくなるまで続行することになりました。
           (↑もちろん主には私の)

もちろん全面ガラス張り、というわけもないので、段々暗くなっていき、
1時間後、ゲストによんでいたピアニストのピアノコンチェルトが始まります。

・・・・だいぶ暗い・・・・・

それでも、皆が楽しみにしていたので、強行・・・・(^_^;)

最後には、私も暗譜して伴奏しているわけじゃないのに、
・・・・楽譜が見えない・・・・・(@_@)


ソリストは鍵盤が見えず、
私は主には楽譜が見えず、
観客たちは、演奏者がほとんど見えず
(*^_^*)

(手が上下するのだけが見えたそうな((笑))
拍手は聞こえるけど、どのくらい人がいるのかも見えず(爆)
(そして、何故か皆電気つかないし、偉い先生までが
することないし・・・・と、聞きに来ていたそうな(^_^;)

なんとも、ハンガリーらしいハプニングの続いた一日でした♪


ちなみに、道路工事の人が間違ってケーブルを切ったのが原因だったそうな・・・・
この日、近くでは電気ケーブルが盗まれて停電の地区もあったそう。

・・・・恐るべしハンガリー(^^ゞ
[PR]
# by parinka | 2010-05-05 21:04 | 音楽(こぼれ話)

Diploma koncert II

さて、先日も書きましたが、メインの校舎の改装騒ぎのせいで、
ディプロマの会場が常に不確定だったりスト音楽院(^^ゞ
(とうとう夏にはお引越しです♪)

中間の大きさ、として設定されていたホールが、
ジャズ科と民俗音楽科が入っているÁdam Jenő Zeneiskolaでした。

Tuba二人目のディプロマは、ここ。
f0029365_17313995.jpg
なかなか綺麗だし、残響も豊かだし(・・・ちょっと多いといううわさも(^^ゞ)
・・・ただ、ピアノがAugust Försterで、時折同音連打の際反応が遅い(@_@)
等の理由から、ピアノ科の人にはあまりお勧めできない感じですね・・・

・・・・ま、今日は私がメインじゃないので、いいのだけれど。

ちなみに、ディプロマです。
ハプニングも満載(@_@)

1曲目、暗譜で吹いているヘンデル。
順調に来て、最後の楽章。勢いがいいところで、何故か音が抜けたり・・・・!?
最後の段で、やっとまともに聞こえてきたので、安心・・・・
でも、いったいどうしたの?と聞いたら、

途中から、チューニング用の管(抜差し管?)が、ゆるくなり始め、
手で押さえたり戻したりしたものの、

最後に抜け落ちたそうな・・・・・(^_^;)

慌てて拾い、想像で差し戻して最後の4小節を吹いたとのこと・・・

こういうとき、私の職業柄、相手に止められるまで止まるのはご法度なので、
弾き続けないといけなく、止まることなく対処した彼は演奏家として
かなり評価されましたが・・・・・

見てみたかった~~~~~~(>_<)


・・・DVD待ちです(^^ゞ
[PR]
# by parinka | 2010-05-04 23:28 | 音楽

Kis Diploma

リスト音楽院にボローニャ制度が導入されて3年目。
今までの大学5年(もしくは4年)のカリキュラムが
3年間のBachelorと、2年間のMaster(場所によっては1年)にわけられ、
その代わり、ボローニャ制度を導入している大学同士なら、
世界中単位を持って移動しやすくする、という制度。

Bachelorの最後の年には、もちろん修了のための多くの試験があります。
リスト音楽院では、通称Kis Diplomaという、30分のコンサートが必修になりました。
もちろんこの後、マスターの入試もあるので、今までよりも大変になったともいえます。

今年が、ボローニャ制度導入以降初めて、Bachelor修了生が出る年。
各科で、Kis diplomakoncertが行われ、大騒ぎです♪
管楽器科ももちろん大騒ぎ。
たとえば、金管も2日に分かれてコンサートです。
一人30分演奏するけれど、トロンボーンとチューバが同じ日にディプロマ、
合わせて5人いたので、純正時間で2時間半
チューニングや、拍手なども入れると、3時間・・・・(@_@)
私は、演奏後は最後まで聴かずに帰ってきてしまいましたが、
学科長が一番大変・・・・・(^^ゞ

お疲れ様です(*^_^*)

ちなみに、30分ソロの曲を吹き続けるというのは、Nagy diploma並みに大変かも(^^ゞ

リスト音楽院改装騒ぎがあったので、Kis diplomaは、会場の確実だった
旧リスト音楽院で行われています。
f0029365_21253171.jpg
f0029365_21261748.jpg
私もここディプロマしたな~~~(*^_^*)
なんて、ちょっとノスタルジック♪

ちなみに、リスト音楽院は夏にお引越しするみたいですよ・・・やっと。
来年度は、各科ごとに別の建物に通うことになるので、
管楽器の男の子たちは、女の子と出会う機会が減るのでは・・・と心配中(^^ゞ
[PR]
# by parinka | 2010-04-29 21:11 | 音楽

コンサート続きIII

近郊の街まで、コンサートに行ってきました。
Bicskeという街の孤児院で、200人の子供たち(小学校高学年くらい)に、
チューバの生徒が、ディプロマの曲を演奏・・・・



・・・・って、難しすぎるだろう(@_@)

でも、おとなしく聴いていた子も多かったですよ♪

中庭には放し飼いの馬やロバ
f0029365_2181016.jpg
今は、排気ガス規制で見られなくなったトラバントもいい味を出しています♪
f0029365_2182814.jpg
終演後は、お昼ごはんもいただきました。
とても野菜いっぱいのソーセージスープ。
f0029365_2184568.jpg
そして、お礼は恒例のワイン
この地方で、共演者のお友達が作っているワインと、
この孤児院レーベルのワイン(^^♪
f0029365_219152.jpg

心のとても温まる一日でした♪
[PR]
# by parinka | 2010-04-28 21:00 | 音楽